matthew as a q.

目標10記事quant

Mavericks に gdbをいれる

Marvericksでは標準で入っていないようなので、入れる。
また、gdbデバッグする際には、コンパイラgccのほうがよいので、そちらも用意する。(gdbをインストールするときにどうせ必要になる)今回は、homebrewでインストールする。

brew install gcc

gccの入ったディレクトリを把握する。

which gcc-4.8
/usr/local/bin/gcc-4.8

今回は、/usr/local/bin/gcc-4.8にあることがわかったので、それを指定して、gdbをインストールする。事前に
GDB: The GNU Project Debuggerこちらからgdbをダウンロードして、解凍して、解凍されたフォルダの中で以下の操作を行う。

CC=/usr/local/bin/gcc-4.8 ./configure
CC=/usr/local/bin/gcc-4.8 make

ここで、以下のエラーが出た。

In file included from gdb.c:19:0:
defs.h:104:17: fatal error: bfd.h: No such file or directory
 #include "bfd.h"
                 ^
compilation terminated.
make: *** [gdb.o] Error 1

def.hの中でincludeしている、bfd.hというファイルがないらしい。

適当に「bfd.h」で検索して、ダウンロードしてきた。

それを入れて、再度

CC=/usr/local/bin/gcc-4.8 make

すると、今度は、

gcc-4.8: error: version.c: No such file or directory
gcc-4.8: fatal error: no input files
compilation terminated.
make: *** [version.o] Error 1

で、version.cというファイルがないらしい。

とりあえず、ここまで。

(追記)
homebrewから直接入れられた。(
Mavericksにgdbを入れる(続き) - takeknockの日記